硫黄尾根~西鎌尾根~槍ヶ岳~飛騨沢 GW山行

期間:2011年4月30日~5月4日(GW)
山域:北アルプス
クライマー:W、T、O、I見(記録)
東京都山岳連盟所属の「山登魂山岳会」の方々と上りました。本当に感謝です。この記録はその山岳会のHPにもほとんど同じものが掲載されていますが、僕が書いたものなのでココに掲載しても大丈夫だと思います。


 硫黄尾根は槍ヶ岳西鎌尾根の途中から北へ分岐している長い尾根だ。有名でよく登られている「黒くてかっこいい」北鎌尾根に比べると、硫黄尾根は岩質が「脆く」「地味で黄色い」尾根だった。そんなことを言うとまるで「不健康なウ○チ」みたいだが、そんな素晴らしい尾根から槍ヶ岳に立つことが出来た(確かに歩いている途中で臭う、硫黄で)。当初は槍ヶ岳登頂後、千丈沢乗越から千丈沢~水俣川を下降し、七倉山荘まで戻ってくる予定だったが、事情により新穂高温泉へと下った。

4月29日
西国分寺駅20:00~中央道~信濃大町~七倉山荘2;00
 駅に集合するが、Wさんのブーツが無くなる。家か下手したら山手線かも、と最初から山行自体が危ぶまれるが、高尾駅で発見されたとのこと。よかったよかった。多少時間が遅れたが、Tさんの車で七倉山荘まで向かった。I見の運転が危うかった。

4月30日
起床5:00~ゲートOPEN6:30~林道終了7:45~水俣湯俣出合9:30~硫黄尾根取付10:24~2031m付近(たぶん)14:00
 曇り。登山届を出して、予約していたタクシーで高瀬ダムに向かう。登山センターで流れているニュースによると白馬岳大雪渓で雪崩が起きて死人が出たそうだ。
 高瀬ダムには80Lガッシャーを持ってきている大学山岳部らしき三人組がいた。北鎌を登るそうな。辛そうだった。高瀬ダムに溜まった緑色の水を見ながら林道を歩く。長いトンネルを抜けると、芽吹いたばかりのフキノトウが生えていたりする。林道はダムまでで途切れ、それからは登山道を進んだ。時に雨が降ってきてうんざりする。今日は晴れじゃなかったのか。雨は明日からだったはずじゃないか。そういえば硫黄尾根から敗退してきた1パーティとすれ違ったが、天候悪化が原因だろうか?
湯俣山荘手前では間違って吊り橋をわたってしまうが、本来はカラ沢を越え、水俣川に掛かる吊り橋を渡るだけでよかった。その吊り橋の後危ないフィックスがある。だがそこへ取り付こうとしていたWさんから「アーッ!!!」という声が聞こえる。お、落ちた!?いやWさんのザックの雨蓋から物が落ちて流されていく。ありえーん!運良くテルモスは救出したが、行動食とヘッドランプを紛失したらしい。またしても山行自体が危ぶまれる。しかしまぁ何とかなるだろうと進むことになった。
 300mほど進むと赤と青の紐が垂れ下がっているのでそこから尾根に取り付く。針葉樹林帯の尾根上まで笹のブッシュを漕ぐ。ここからやっと雪が積もってくる。尾根は結構細めからだんだん広くなった。
気分良く登っていたが、何だか空がゴロゴロ鳴っている気がする。飛行機だろうか?いややっぱり雷だ!
「ヤバそうだから良さそうなテン場があったらすぐテントを張ろう。」
「あ、あった!早く踏み固めろぉ~。」
「ギャー降ってきた。ぎゃーぎゃー、早く入れぇ。」
「ドドーン!(雷)ザー!(雨)」
・・・こんな感じだった。この後も激しい雷雨が続いた。高度計を持参していなかったが、Tさんの希望的観測によるとジャンダルムⅠ峰直下、すぐそこらしい。
 この日の夕食はもちろん持ち寄り鍋だった。I見はひよこ豆の缶詰を持ってきた。この缶はWさん専用の「ション缶」として役立つのだった。ところで場の空気を読んで言わなかったのだが、このひよこ豆(ガルバンソービーンズ)で頑張るぞーという意味も込めていたのだったが。ま、いいか。

5月1日
 雨が降り続いていたので沈殿。時々晴れ間を突いて用を足すといった具合だった。

5月2日
起床3:00~発5:04~Ⅳ峰付近7:09~小次郎のコル8:10~硫黄岳11:00~雷鳥ルンゼ13:11~硫黄岳南峰14:00~2370m稜線上?17:00
 晴れ。樹林帯を少し進むと、樹林が西斜面のみに生えてくるようになり、硫黄岳ジャンダルム群となる。合計6峰あるらしい。Ⅰ・Ⅱ峰の岩を越え、Ⅲ峰から千丈沢側に2回25m懸垂下降する。そこから雪面をコルまで登って、Ⅳ峰岩峰を巻く。ここでひとまず休憩。小次郎のコルから硫黄岳までの長い登り返しが目に入る。Ⅴ・Ⅵ峰と高度を稼ぐが、小次郎のコルまで下る。このコルは確かにいいテン場になるだろう。
 硫黄岳までは細い雪稜、嫌な岩場を登り、千丈沢側へ伸びている尾根へ交わってから右へ曲がる。しばしば雪が腐ってきてズボるので体力を消耗する。右手の大きな雪庇に気をつけつつ登ると平らな硫黄岳だった。しばらく余韻に浸る。ずっと登りだったのでクタクタだった。
e0198274_2123456.jpg


 だだっ広い硫黄大地をズボりながら進み、2511mピーク(硫黄岳南峰ではない)の少し先から湯俣側ぎみに伸びた雷鳥ルンゼを2回25m懸垂で下る。硫黄岳南峰2459mまで登ると、ニョキニョキといくらあるのか分からない赤岳ジャンダルム群そして顕著なU字型の中山沢のコルが見えてくる。今日はその中山沢のコルで泊まる予定らしい。遠くないか?
 この辺りから岩質が脆くなってくる。時間が迫っていることもあり、気も滅入ってきた。南峰から湯俣側の雪面・岩をクライムダウンすると、左手にいいテン場になりそうなところが出てくる。「ここで泊まりたい人がいたら泊まるけど?」と聞かれるが、誰も泊まりたいと言い出さない。変なプライドのせいで自分から言い出せず、「誰か泊まりたいと言ってくれぇ」と念波を送るが不発に終わる。先に進むということになって、(念波のせいか)疲れた。
いくらでも出てくる岩峰は右から巻いたり、直登したり、その場で判断する。時に出てくる雪面のトラバースは楽しい。次に大きめ岩峰が出てくるのでロープを出す。Oさんがトップで登ってくれた。ラッキー。そこから2回25m懸垂し、地形図上の赤岳を含めた2つピークを残して、2370mほどの稜線上に幕営。槍ヶ岳のアーベンロートは絶景だった。
WさんとI見は大量にお茶を飲むが、小便が出ない。どうやら軽く脱水症状が出ていたようだ。反省。
e0198274_2053678.jpg


5月3日
起床3:00~発5:05~中山沢のコル6:20~白樺平8:00~西鎌尾根9:39~11:38千丈沢乗越
 晴れ。雪稜から抱えた岩ごと落ちそうな岩稜を登っていつのまにか地形図上の赤岳を越え、その先のコルから雪面を25m懸垂すると中山沢のコルだ。ここはクライムダウン出来たのかもしれない。絶好の幕営地だろう。ここから先が赤岳主峰群らしい。傾斜があって難しそうなⅠ峰だったが、登ってみると上手い具合に雪がついていて登ることができた。Ⅱ・Ⅲ峰も難しいらしいが、ほとんど雪面登りだったので赤岳ジャンダルム群の岩稜より安心して登れた。
 Ⅳ峰からは楽しい雪稜となり、しばらくすると白樺平に到着する。白樺はほとんど生えておらず、真っ白、まっ平ら。ここから200mほど登ると西鎌尾根に出合う。硫黄尾根完登できた!
 ここからは千丈沢方向に張り出した雪庇に気を付けつつ、千丈沢乗越に向かうだけだった。乗越でこの日に槍ヶ岳を獲るべきか迷ったが、明日晴れるとの予報だったので、無理せず、明日登頂することになった。また明日のうちに下山する予定であったので、飛騨沢から新穂高温泉に下山することも決まった。14時半ほどからはみぞれ交じりの雪となった。
5月4日
起床3:00~発4:58~肩の小屋5:45~槍ヶ岳6:20~肩の小屋6:50~千丈沢乗越7:54~槍平9:37~新穂高温泉13:20~池袋2:00
 曇り。あれ?天気予報では晴れと言っていたが、かんばしくない。登るにつれ晴れてくるのだろうと判断し、出発する。Tさんは以前登ったこともあり、首の方が心配なこともあり、今回はテントキーパーをしていただいた。千丈沢乗越から尾根伝いに西鎌尾根を登り、大岩を右から巻き、肩の小屋に到着する。しかしながら天候は良くならない、そして寒い。かろうじて槍の穂先が見えるかどうかといったところだ。まぁ登れるだろうということで進む。鎖も出てくるが、途中から雪や氷に埋まってしまっていたので、ダブルアックスで梯子まで登った。鎖が無くなって怖かったが、付いていくほかなかった。梯子を登ると念願の槍ヶ岳頂上だった。頂上ではほんのひと時だけ晴れた。初めての槍ヶ岳をこんな形で登るとは思いもしなかった。
 槍の下りはもっと大変だった。2回25m懸垂とクライムダウンでおりるが、やはり鎖がないと怖い。小屋からさっさテントに下ると8時ごろと予定より早かった。早すぎてTさんはあまり十分に寝られなかったようだ。
槍の頂上だけはガスを残し、晴れてきた。飛騨沢でシリセードを交えつつ下る。I見は一回マジ滑落をして激しく滑り落ちていった。楽しかった。槍平以降、飛騨沢では滝谷観光をしながら何も考えずに下りてしまい、Tさん以外の3人はルートを外れ、白出沢を林道まで登り返す羽目になってしまった。Tさんを新穂高温泉で待たせることになってしまった。反省。
 帰りは七倉山荘まで車を取りに戻り(その時のタクシーのおっちゃんがえらく物知りだった。話は面白かったが、時速30㎞とか…もうちょっと早く走ってほしかった。)、高瀬館で温泉(700円)に入って帰路についた。
大変疲れたが、充実したルートから槍をゲットすることが出来た。
e0198274_20592533.jpg

[PR]