幽ノ沢

幽ノ沢V字状岩壁右ルート
山域:谷川岳
メンバー:I見、他2

土合駅0515 幽ノ沢出合0622 カールボーデン0825 中央壁右フェース取り付き(退却決定)1100 幽ノ沢出合1437 土合1530

新潟・福島で記録的豪雨が発生している中、谷川岳に行ってみました。こんな天気の中
、目標は幽ノ沢V字状岩壁右ルートです。

当日、予想に反して雨は降っておらず、「まぁカールボーデンまでなら行けるんじゃね?」ということでマチガ沢、一ノ倉沢を越えて幽ノ沢へ。

「マチガ沢、一ノ倉沢と比較して、この沢は登山者の訪れない、登山者に嫌われた沢だった。(新田次郎 谷川岳幽ノ沢【短編】)」

と読んだことがありましたが、それほど未開の地のような感じはしませんでした。沢を登り(結構楽しい)、カールボーデンに到着。ココ最近の猛暑と大雨で雪渓はほとんど残っていませんでした。
e0198274_10525184.jpg
カールボーデン

で、ここから肝心の岩登りなのですが、中央壁右フェース取り付きまで行って雨は降るは、増水してフェースが滝になってるはで、引き返してきました。

いやぁしかも取り付きまで2時間もかかってしまいましたからねぇ。ルートの取り付きまでにもこんなに岩登りをしなければならないとは思いもしませんでした

だいたい150mくらいでしょうか。まぁ怖くてロープを出しちゃったわけですが、どうやらココは

簡単なセクションはロープを出さずに登れて当然

ということのようなのです。どうりで残置支点が全く無いわけですね

いやぁ勉強になりました

やっぱり九州のクライミングとは考え方、開拓の想像力が違うんだと痛感しました。

そして失意のまま下山。不完全燃焼でした。

久しぶりの失敗

ま、雨でしたからね

付き合ってくださったお二人には申し訳なかったです

I見
e0198274_12234391.jpg
左に半分見えているのが中央壁、右のトンガリが前衛壁、真ん中のとんがりと前衛壁の間にあるのがV字状岩壁

e0198274_12241357.jpg
失意の懸垂下降
[PR]