<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なんとか昨日の21時過ぎに下山しました

疲労困憊です

赤谷ダイレクト尾根は以前登った経験があったので、もんだいなかったのですが、2日目の松ヶ尾谷は初めてでしたので、大変時間を食ってしまいました。

ですが、まぁ総合評価としては大学山岳部卒業に相応しいベストクライムだったのではないかと思っています

詳細は次回以降に書く予定です。
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-31 05:59
e0198274_9203147.jpg

熊本ラーメンうまぁ!

明日から阿蘇でアイスクライミングかと思うと、ゾクゾクします
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-29 00:06
こんなの見つけた

航空軍事用語辞典++

マニアックな人はいっぱいいるもんだ
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-25 12:10
e0198274_17444257.jpg

そろそろ引っ越さないといけないのです

が、冷凍庫を開けてみると、凄まじい霜で中がカッチカチでした(∋_∈)

これがどうしても溶けないんです

まぁ、来週には阿蘇でアイスクライミング&バリエーションの予定ですし、練習がてらバイルを叩き込んでやりました

早く溶けろ!
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-23 17:44
ブログのタイトル変えました

ふぅ
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-22 17:40
12月31日 曇りのち晴れ
 ヒュッテ発10:30~蝶ヶ岳北峰11:28~蝶槍11:46~蝶ヶ岳ヒュッテ12:30
 下界では大荒れの天気であったそうだが、こちらは10:30くらいからなぜか晴れだす。ラジオでは午後から天候が悪くなるといっている。それでも低気圧一過でしばらく晴れるのだろうと判断し、蝶ヶ岳北峰・蝶槍を往復する。歩き出してしばらく穂高岳山群はガスに覆われていたが、北峰にちかづくにつれ、はっきりと見え出し、槍ヶ岳まで見えた。蝶ヶ岳北峰・蝶槍を往復したあともまだ天気が良く、暇だったので小屋の近くに雪洞を掘り、ここで新年を迎えることにした。狭いが、快適だ。ラジオで紅白歌合戦を聞きながら、スイッチを切るのも忘れて眠りこけてしまった。
e0198274_22562999.jpg



1月1日 曇りのち晴れ、午後から雪
 ヒュッテ10:15~徳沢13:05~上高地15:30~釜トンネル出口17:30
 今日、常念岳を往復しようと考えていたが、朝の強風がなかなか止まず(待っている間は小屋の横の雪壁を登って遊んだ)、下山することにした。後もう少し山行予定が長くなるか、常念岳東尾根まで縦走の計画としていたら、常念岳を登れただろう。惜しかった。釜トンネルまで7時間半の下山には参った。釜トンネルではバスに乗れず、気温―11℃の吹雪の中タクシーを1時間待った。言葉に出来ないぐらい辛かった。

1月2日・3日 晴れ
 また18切符で鹿児島まで帰った。さすがにもう嫌だ。新山口で一泊。九州・熊本はまた人吉・吉松間の路線に乗った。散々乗ったので名物のスイッチバックも見ずに読書の秋だった(冬か)。
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-11 22:56
12月30日 雪のち暴風雪
 起床2:30~発4:30~長塀山10:51~蝶ヶ岳南峰13:20~蝶ヶ岳ヒュッテ13:35
 気温-15℃。今日から天候が悪くなるそうだが、まだまだ樹林帯で風を防げるので進めるだけ進むことにする。高度2000mまで傾斜が強い。それ以降は東方向へのトラバースを何回か挟んで尾根を登っていくのだが、2回目のトラバース2450m付近で昨日降りてきたパーティのトレースを見失った。ここで少し戻ればトレースがあったのだろうが、夏に偵察山行をしなかったため夏道が分からず、とりあえず直登ラッセル。ディレティッシマ!!!
 2500m付近で正規ルートに交わる。尾根が広く分かりにくい。トレースどおり進むと、ぽっこり長塀山に到着する。ここから右に左に窪地がある尾根を進む。窪地には樹林が無く、雪の白さが映えて素晴らしい景色であった。しばらく進んでいると、後ろから中高年のパーティに追いつかれる。あぁーあ、俺ら大学生なんだがなぁ。(まぁ向こうはテントを置いて軽装で往復するらしかったのだが・・・)体力不足か。ここから交互にラッセルさせていただいた。森林限界からの尾根上は風が強いので地表はウィンドクラストした雪面であった。アイゼンを履いて進む。視界は50mほどになってくる。明らかに天候が悪くなってきているが、蝶ヶ岳ヒュッテまでならまだまだ安全だろうと判断した。蝶ヶ岳南峰は風が強く、写真を撮るので精一杯だった。急いでヒュッテに駆け込み。難を逃れる。4時半過ぎに1パーティ(2人)来られた。夜、小屋の外は激しい暴風雪となった。気温-11℃。
e0198274_23463648.jpg
蝶槍
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-09 23:48
12月29日 雨のち雪
松本駅バスターミナル5:30くらい~釜トンネル7:00~上高地9:00~徳沢11:30~蝶塀尾根1800m地点
 今日まで何とか天気は持ち堪え、明日・明後日・明々後日と相当悪いらしい。松本のバス乗り場前で寝ていると(もうこういうのはやりたくない)、タクシーのおっさんに声をかけられる。
「一人2500円で釜トンネルまでどう?」
むむぅ。バスよりちょっと高いらしいが、年末のこんな朝早くから目を血走らせて働く、気のいいおっさんに心を動かされてしまった。そんなことがあり、釜トンネルには7:00に到着する。早い!これなら長塀尾根を少し登ることができるだろう。そう思った。
 徳沢まで積雪30cmぐらいの水平道をひたすら歩く。大正池ではT島がNHKのリポートを受けた。その日のお昼に放送されたそうな。運のいいこともあるもんだ。他にも、たまたま出会ったT大学山岳部の方と話をした。横尾尾根から槍ヶ岳を目指すんだと。いいな。再来年は俺も登ることにしよう。上高地、河童橋を過ぎたところまで歩くと、早くもラッセル跡が無くなる。最近の大雪のせいだろう。つぼ足ラッセルで突破。明神前で足が沈みすぎるようになり、ワカンを履き、徳沢まで進んだ。天気は曇り。視界良好。気温-11度と結構寒かった。
 長塀尾根へは徳沢ロッジの右脇から夏道伝いに登り始めた。噂通り傾斜の強い登りであった。尾根下部は笹の生えた樹林帯。雪はそんなに無かった。1時頃から樹林帯なのに風が強くなり、天気予報どおり荒れるのかなぁと怖くなってきたので、幕営とした。幕営中、2パーティほど降りてきた。
 がしかし、テントのポールを俺が忘れていたことが発覚。なんという失態。T島の恨めしそうな顔から目を逸らす。テントは俺のストック1本で辛うじて支えることが出来たので、これで満足することにした。明日の朝には風でストックが倒れて、テントがペッちゃんこになるだろうかと思っていたが、意外にも一晩支えきった!さすがブラック●イヤモンドは違うねぇ。
e0198274_1341815.jpg

[PR]
by imiclimbing | 2011-01-07 13:19
ホームページ用から転載っす。
ていうか卒業までにしなきゃならんことでいっぱいです

ありえん

ありえへーん

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



山域:北アルプス 常念山脈
期間:2010年12月29日~2011年1月1日
後輩のT島、I見

12月27日 晴れ
 22時ぐらいまで研究室で卒論を作成し、みんなより先に提出。申し訳ないが、お先に失礼させていただいた。
後輩に予約してもらったバスに乗って出発だった。5500円で福岡へ行く。高ぇ・・・。予約してもらっていて言うのは勝手すぎかもしれないが、2900円くらいのバスがあっただろうorz

12月28日 晴れのち雨
新幹線で新大阪へ。1万5千円くらいであった。高い。しかし時間が無い。
大学生なのになぁ・・・。新大阪から後輩のT島と合流し、松本へ向かった。19時半ごろ到着。T島の知り合いの超有名クライマーS藤さんに食事を奢っていただいた。何か集ったみたいで心苦しかった。
ただ俺が勝手に気に入ってるクライマーの一人と話が出来たことは本当に嬉しかった。感謝。
e0198274_1443123.jpg

[PR]
by imiclimbing | 2011-01-06 01:41
下山しましたよっと

まぁ常念岳までは行きませんでしたが、、、
[PR]
by imiclimbing | 2011-01-03 21:25